マタニティ歯科 medical

MENU

赤ちゃんと
お母さまの健康のための
マイナス1歳からの虫歯予防

妊娠中に歯周病にかかってしまうと、早産や低体重児出産、
流産のリスクを高めることがわかってきました。
出産後も周りの大人の方に虫歯があると、お子さまの虫歯のリスクを高めてしまうことになります。
お母さまの安全とお子さまの健康のためにも、妊娠前や妊娠中からお口のケアに取り組みましょう。

お口の健康は、
母親と子どもで密接な関係が

2歳児の虫歯発生率

お母さまの虫歯がお子さまの虫歯リスクを高めます
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。周りの大人とのキスなどのスキンシップや食器の共有で、虫歯菌に感染します。
次のグラフは、2歳児の虫歯発生率を「母親に虫歯がある場合」「母親に虫歯がない場合」で比較したものですが、母親に虫歯がある場合の虫歯発生率の方が圧倒的に高くなっているのがおわかりいただけると思います。このことから、お子さまのお口の健康を守るためには、周りの大人の方、特に接する時間の長いお母さまのお口が健康であることが大切だと言えます。

*

マイナス1歳からの虫歯予防で、
感染リスクを減らしましょう
虫歯にかかる時期が早ければ早いほど、将来大人になった時も虫歯になりやすい口内環境になってしまうことがわかってきています。
ご両親の健康はもちろん、お子さまの健康を守るためにも、妊娠前や妊活中・妊娠中=マイナス1歳からの虫歯予防として、周囲の大人の方のお口を清潔にたもち、健口でいることによってお子さまへの感染リスクを下げていくようにしましょう。

妊娠中に生じやすい
お口のトラブル

*

妊娠中こそお口のケアをしっかりと
妊娠中は、急激なホルモンバランスの変化や、つわり・嘔吐などで、妊婦さん特有のお口のトラブルが生じやすくなっています。
また、お子さまへの影響が懸念される、通常の虫歯や歯周病のリスクも上がりやすくなってしまうため、可能な限り普段と変わらないケアをしていくことが大切です。
もしお悩みのことや不安な点がございましたら、名古屋市東区の歯医者 泉おとなこども歯科まで、お気軽にご相談ください。
  • 虫歯・歯周病
    嘔吐による胃酸で歯の表面が弱くなってしまい、汚れが付着しやすくなったり、つわりがひどく、お口のケアがしっかり行えないことがあります。そのため通常よりも虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうことがあります。
  • 妊娠性歯肉炎
    通常の歯肉炎のように、歯ぐきが腫れたり出血があります。痛みを感じにくいため発見が遅くなり、重症化することもあります。
    妊娠初期のホルモンバランスの変化が原因で起こります。
  • 妊娠性エプーリス
    歯ぐきがコブのように膨らんでしまう症状で、妊娠による女性ホルモンの増加が原因です。
    ほとんどが良性で、出産後に自然になくなっていくことが多いのですが、もし気になる場合はお気軽にご相談ください。

こまめなケアで
お口のトラブルを防ぎましょう

  • Care.1 朝起きたらまずは歯みがき

    起床後には歯みがきやうがいで虫歯・口臭を予防しましょう。
    就寝中は唾液の分泌量が減ってしまい、お口の中の細菌が増えやすい環境になっています。もちろん、起床後だけではなく、食後や就寝前の歯みがきも大切です。
    こまめにケアをすることで、お口の中を清潔に保ちましょう。

  • Care.2 こまめなうがいで予防ケア

    つわりがひどく歯をみがくのも辛い場合は、無理をするのは良くありません。こまめにうがいをすることで、お口の中の汚れを洗い流すようにしましょう。このとき、フッ素入りの洗口剤を使用するとうがいの効果もアップします。
    つわりが落ち着いてきたら、通常通りの歯みがきを行ってください。

妊娠中の治療に最適な時期

安定期に入ったらまずは一度ご来院ください。

妊娠中に治療する場合は安定期におこないます
妊娠がわかったら歯科検診を受けていただくことをおすすめしていますが、口腔状態・時期によっては、必要な治療でも適切ではない場合があります。
妊娠初期はデリケートな時期で顕著に影響を受けやすく、妊娠後期はお腹が大きくなっていて診療チェアに横たわることも辛い時期です。出産後は子育てでなかなか時間がとれず、治療の機会を逃しやすくなってしまいます。しかし妊娠中期のいわゆる安定期では、お腹の赤ちゃんも安定しているため、通常通りの虫歯や歯周病の治療も可能になります。
自覚症状がなくても、安定期に入ったらお口の中の検診やクリーニングを受けに是非ご来院ください。
  • 妊娠初期
    4ヶ月(15週)まで

    妊娠初期は特に影響を受けやすいため、4〜8週目は特に慎重に、12週目までは診査や治療計画、ブラッシング指導までにとどめます。
    歯の痛みや歯茎の腫れがある場合は応急処置をして、安定期に入ってから適切な治療をしていきます。

  • 妊娠中期
    5〜7ヶ月(16〜27週)

    胎盤により胎児が安定するため、虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科医療を受けていただける時期です。レントゲン撮影や投薬なども可能です。
    妊娠初期に応急処置にとどめていた症状がある場合は、この時期に治療を進めていきます。

    治療に最適な安定期
  • 妊娠後期
    8ヶ月(28週)以降

    お腹が大きくなり、仰向けの体勢での受診は静脈が圧迫され、血圧低下につながる危険もあります。早産などの危険回避のためにも、妊娠初期のように応急処置までに止めるようにしています。
    治療が必要な症状がある場合は、出産後に改めて治療を再開します。

受診時のお願い

*

来院時には母子手帳をご提示ください
来院時には母子手帳をご提示ください。また、産婦人科の担当医から注意を受けていることがありましたら、些細なことでも歯科医師やスタッフにお伝えください。
なるべく楽な姿勢で診療を受けていただけるよう配慮いたしますが、体調が悪くなったり気分が優れない場合は無理することなくすぐにスタッフへお申し出ください。

よくあるご質問

  • 妊娠中のレントゲン撮影は、赤ちゃんには影響ありませんか?
    歯科で使用するレントゲンの撮影範囲は口元だけです。そのため、医科のレントゲンよりも被ばく線量が大幅に抑えられます。また、お腹からも距離があり、X線を遮断する専用のエプロンを必ず着用いただくため、お腹の赤ちゃんにはもちろん、お母さまへの影響も少なく安心して受診いただけます。
  • 処方された薬を服用しても大丈夫ですか?
    当院では、妊婦さんへのお薬の処方はできるだけ控えるようにしています。どうしても処方が必要になった場合も、妊娠の時期や状態・体調などに合った、安全性が高いと認められたお薬を厳選していますのでご安心ください。
    また、歯科に限らず、妊娠前に処方されたお薬を妊娠中に服用するのは極力避け、まずは医師に相談されることをお勧めします。
  • 妊娠中に麻酔を打つと、赤ちゃんに影響はありますか?
    歯科治療で使う麻酔は局所麻酔と言って、麻酔を打った部分だけに作用し、そこで分解されてしまう量の薬剤しか使用しません。
    もちろんお腹の赤ちゃんには影響ありませんのでご安心ください。
    痛みを我慢するストレスの方が問題になることもあるので、痛みを感じた場合は我慢せずお申し出ください。
  • 授乳中なのですが、母乳への影響はありませんか?
    通常の歯科医療や麻酔、レントゲンは、母体はもちろん母乳への影響もほとんどありません。
    もし心配な場合は、麻酔や投薬の後に5時間ほど開けていただくと薬が体外に排出されるので、それから授乳するようにしてください。
ページの先頭へ戻る