入れ歯・インプラント medical

MENU

歯を失ってしまっても
しっかり噛めるお口を

歯を失ったままにしておくと、お口の健康だけでなく見た目にも影響が出てきます。
名古屋市東区の歯医者 泉おとなこども歯科では、入れ歯やブリッジ、インプラントなど
患者さまのご希望はもちろん実際の口腔状態を考慮した最適な治療法をご提案することで、
いつまでもしっかり噛めるお口づくりをサポートいたします。

歯を失ったままにしておくと…

*

健康状態や見た目に影響を及ぼすことがあります
虫歯や歯周病などで歯を失ってしまいそのままにしていると、歯が抜けたスペースに向かい残った周囲の歯が傾いて動いていくので、歯と歯のすき間が増えて虫歯や歯周病のリスクが高まるほか、咬み合わせも悪くなってしまいます。食べ物をよく噛むことができなくなれば、体の調子にも影響してきます。また、口元にしわができやすく老けて見える一因になったり、口元や顔全体に歪みが生じてしまうこともあります。
何よりもまずは歯を失わないための取り組みが重要ですが、事故や病気などによって万が一歯を失ってしまったら、なるべく早く歯科医院へ受診されることをお勧めします。

最適な治療法を
提案できるように

*

現状とご要望・ご不満などをおきかせください
歯を失ってしまった場合の主な治療法としては、失った歯の両隣の歯を削って橋のように人工の歯を被せる「ブリッジ」、人工の歯と歯ぐき(床)または留め具(クラスプ)からできている「入れ歯」、顎の骨の中に小さなネジ(人工歯根)を埋め込み人工の歯を被せる「インプラント」の3つがあります。
それぞれメリットやデメリットがあり、適した症例も様々なので、患者さまのご希望やお口・お身体の状態などから、その方に最適な治療方法をご提案いたします。
  • ブリッジ
    *
    メリット
    • 治療が簡単で、比較的時間がかからない
    • 保険診療のものを選べば、費用を抑えることができる
    • 自費診療(自由診療)の素材を使うことで、見た目をよくすることもできる
    • 自分の歯のように噛むことができる
    デメリット
    • 周りの健康な歯を大きく削る
    • 支えになる左右の歯の負担が大きい
    • 歯ぐきとの間に食べ物が挟まることがあり、虫歯のリスクが高くなる
    • 支えにできる歯がない場合は適用できない
  • 入れ歯
    *
    メリット
    • 治療が簡単で、比較的時間がかからない
    • 保険診療のものを選べば、費用を抑えることができる
    • 自費診療(自由診療)の素材を使うことで、見た目をよくすることもできる
    デメリット
    • 入れ歯に食べ物が挟まることがあり、虫歯のリスクが高くなる
    • 保険診療の部分入れ歯は金具が目立つ
    • 部分入れ歯の場合は、支えとなる左右の歯に負担がかかる
  • インプラント
    *
    メリット
    • 見た目が美しく、天然の歯とほぼ同じに見える
    • 自分の歯のように噛むことができる
    • 周囲の健康な歯を傷つけたり、負担をかけることがない
    デメリット
    • 自費診療(自由診療)のため費用が高額になってしまうことがある
    • 外科手術が必要
    • ブリッジ、入れ歯と比べて治療に比較的時間がかかる

取り扱う入れ歯(義歯)の種類

  • *

    保険診療の入れ歯
    保険診療で作れる入れ歯は、決められた素材で作成することになります。
    人工歯と床(歯ぐきの部分)は樹脂(プラスチックやレジン)と決まっているため、耐久性を確保するために一定の厚みが必要になります。そのため装着時に違和感をおぼえたり、食べ物や飲み物の温度を感じにくくなることも。
    また、部分入れ歯に必要な留め具(クラスプ)は指定の金属で作ることになり、場所によっては口を開けたときに目立つため、入れ歯だと気づかれやすくなってしまいます。
    メリット
    • 破損した場合でも比較的容易に修理ができる
    • 保険診療なので費用が抑えられる
    デメリット
    • 床が厚いため、装着時に違和感を感じることがある
    • 味や温度が伝わりにくく、食事を楽しめない場合がある
    • 長期使用による、変色やすり減りが起こりやすい
    • 臭いや汚れを吸着しやすい
  • *

    自由診療の入れ歯
    自由診療(自費診療)で作る入れ歯には、素材の制限がありません。
    生体親和性が高く丈夫な金属や、臭いがつきにくい素材、部分入れ歯の場合はクラスプが必要ないものなど、使い勝手の良さだけではなく、見た目にも優れたこだわりの入れ歯を作ることが可能です。
    自由診療ならではの素材・技術によって機能性や審美性を追求し、より理想に近いオーダーメイドの精密な入れ歯をご提供します。
    メリット
    • 金属を使って薄い床が作れるため、装着したときの違和感が少ないものを作れる
    • 金属のスクラプが必要ない部分入れ歯を選ぶことで金属アレルギーの心配がなくなり、見た目も自然なものが作れる
    • 見た目や機能を、より本来の歯に近づけたものが作れる
    デメリット
    • 自由診療のため、費用が高額になりやすい
当院おすすめの入れ歯
  • *

    金属床義歯
    歯ぐきに触れる部分を金属で作成した入れ歯です。
    保険で使用する樹脂(プラスチック)より強度があるため床を薄く作ることが可能で、装着時の違和感を軽減できます。また熱も伝わりやすく食べ物の温度を感じやすいため、より楽しく、美味しく食事をしていだくことができます。
  • *

    ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)
    部分入れ歯を固定するための金属の金具(クラスプ)がない入れ歯です。
    入れ歯を固定するための部分が柔らかく、ご自身の歯や歯ぐきを傷つける心配が少ないです。
    歯ぐきに馴染む色をしているので、口を開けて笑っても周りの人に入れ歯だと気づかれにくい自然な見た目を再現できます。また、金属を使用していないため、金属アレルギーの方も安心して使用していただけます。

治療後のメインテナンスを

*

長持ちするよう定期的なメインテナンスを!
入れ歯やブリッジ、インプラントは人工物のため、そのものが虫歯になることはありません。
かといってメインテナンスを怠ってしまうと、残っている健康な歯が虫歯や歯周病になり、また歯を失ってしまう負の連鎖が続いてしまいます。
歯科医院での検診では、歯ぐきの退縮による入れ歯のズレなどの不具合も早期に発見することができるため、毎日のお手入れや歯みがきで清潔に保つことはもちろん、歯科医院にて定期的にお口のクリーニングや検診を受けましょう。
ページの先頭へ戻る